「奥入瀬川の惠みと笑顔あふれるまち」おいらせ町の移住者向けポータルサイト

松橋 結奈さん

「FOPPISH」お客さんの多くがリピーターです。車で2時間かけて来るお客さんも。

松橋さんは、国家公務員として臨床検査技師として病院勤務をしていましたが、結婚を機においらせ町に移り住みました。里帰り出産の際にお母さんからミシンの使い方を習い、独学で服などを作るようになりました。町内で営む店舗兼工房は、義母の物置小屋を改装しました。店内の手作り雑貨は、町内はもちろんのこと、県外からも注文が入ります。





おいらせ町はどんな町ですか?


都会と比べて空気がきれいだと感じています。お母さんの立場としては、待機児童がいないことや、子どもの医療費がかからないこともあって、子育てしやすい。住みやすい町だと感じています。
不便だと感じるところは、都会に比べてバスや電車の本数が少ないので、自動車は必須です



移住の際に不安だったことなどはありますか?


お母さんが隣の八戸市出身だったこともあり、幼少のころから八戸市に遊びに来ていたので、隣の町だと知っていたのでどんな場所なのか想像できていたので特に感じませんでした。神奈川県は雪が降らないので、雪に対する不安や雪道の怖さなどをまったく心配しませんでした(笑)

臨床検査技師の資格を活かしたいと考えていたが、夜勤や当直が難しかったことなど勤務条件が合わないことから医療関係の仕事はやめることにしました。アパレル関係(販売)の仕事に就きましたが、子育てに専念するため退社しました。





現在の暮らしについて教えてください。


ミシンの使い方を覚えて服作りに目覚めてからは、折角だから特技を活かした仕事をしようと決心し、早速行動しました。
正直なところ、収入面は、都会と比べるとやはり少なくなりましたが、家を建てることもできました。会社員の夫の収入もあるので共働きで頑張っています。

facebookやInstagramを活用し、広報を行っています。全国から注文が入るので、発送のため郵便局通いが日課です。忙しくも、ある程度自由に仕事ができる今の環境が気に入っています。


FOPPISH Facebook
FOPPISH Instagram

おいらせ町関連情報はこちら

おいらせ町に関連する様々な情報をご覧いただけます。