「奥入瀬川の惠みと笑顔あふれるまち」おいらせ町の移住者向けポータルサイト

中学生以下の医療費の無料化

中学生以下の医療費の無料化(乳幼児等医療費給付事業)

中学生以下の子どもの医療費は原則、無料となります。

乳幼児・子ども医療費助成

平成24年10月1日から中学生までの子どもの医療費窓口負担がなくなります 。


※平成30年3月31日まで制度を延長します。


(1)乳幼児医療費

おいらせ町に住所を有し、健康保険に加入している0~6歳のお子さんについて保険診療を受けた際の一部負担金を助成します。なお、高額療養費や付加給付を受けた場合は、その差額を支給します。
医療費助成を受けるためには事前の申請が必要です。ただし、保護者の所得によっては乳幼児医療の対象にならない場合があります。

乳幼児医療費所得限度額
扶養人数
所得限度額
0人
2,342,000円
1人
2,722,000円
2人
3,102,000円
3人
3,482,000円
4人
3,862,000円
5人
4,242,000円

対象にならなかった場合は、(2)子ども医療費の対象となります。そちらをご覧下さい。
※所得超過のため子ども医療費の対象となっている場合でも、毎年の更新手続きが必要です。乳幼児医療の申請や更新手続きをせずに、子ども医療費助成を受けることはできません。

対象年齢および助成範囲

乳幼児医療費助成一覧
年齢
診察区分
給付方法
受給者負担
0~3歳
入院
現物給付
なし
通院
現物給付
なし
2人
入院
現物給付
1日 500円
通院
現物給付
1ヶ月 1,500円

【現物給付とは】
医療機関の窓口で、保険証と資格証を提示すると支払いが必要なくなる給付方法です。
ただし、県外医療機関や整骨院などは現物給付に対応していませんので、一度お支払いをしてから還付の申請をしてください。
※4~6歳の受給者負担については(2)子ども医療費もご覧下さい。

手続きの方法

新規の申請や変更、給付申請などの手続きについて説明します。
ここでの「保護者」とは、お子さんの保険証の被保険者となっている方のことです。


■新規申請(出生、転入などの場合)

※転入の方は所得課税証明書が必要になる場合があります。転入時期によって必要な証明が異なりますので、ご確認ください。


■更新手続き(毎年お誕生日の月)

※1月1日においらせ町内に住所がなかった方は所得課税証明書が必要になる場合があります。ご確認ください。


■変更届(保険証の変更など、申請内容が変わった場合)


■消滅届(転出など)


■給付申請 (自己負担をした場合)


(2)子ども医療費

乳幼児医療費やひとり親家庭等医療費で却下になった中学生までの児童の医療費を、健康保持と福祉の増進を図るため、町独自に助成します。
ただし、この制度は平成30年3月31日までとなります。延長については、平成29年度中に検討いたします。

■助成範囲および対象年齢

子ども医療費助成対象
年齢・区分診察区分給付方法
乳幼児医療費の対象にならなかったお子さん入院・通院現物給付
ひとり親家庭等医療費の対象にならなかったお子さん入院・通院現物給付
乳幼児医療費対象の4~6歳の自己負担入院1日 500円
通院1ヶ月 1,500円
小学生・中学生入院・通院現物給付
現物給付

※乳幼児医療費やひとり親家庭等医療費が優先となります。
それらの申請や更新の手続きをしていない等の理由で子ども医療費助成を受けることはできません。

手続きの方法

■新規申請(転入などの場合)

※0~6歳の場合は乳幼児医療費が優先となるため、所得審査が必要となります。 


■更新手続き(0~6歳で子ども医療費対象の方)

※転入の方は所得課税証明書が必要になる場合があります。ご確認ください。


■変更届(保険証の変更など、申請内容が変わった場合)


■消滅届(転出など)


■助成申請(自己負担をした場合)

  • 子ども医療費助成申請書 [PDFファイル/311KB] 
  • 領収書(受診した月の翌月から数えて6ヶ月以内のものに限ります)
  • 保護者名義の通帳
  • お子さんの保険証
  • お持ちの資格証
  • 印鑑
  • 高額療養費や付加給付など他からの助成を受けられる場合は、その助成を受けたことがわかるもの(二重給付防止のため)


PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おいらせ町関連情報はこちら

おいらせ町に関連する様々な情報をご覧いただけます。